2013年09月30日

「ユニクロ社長に「10倍返しだ!」と言われた男」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
ファーストリテイリング傘下のユニクロが本日、上海に世界最大6600平方メートルの店舗をオープンしました。

「1勝9敗」の著者で有名なユニクロ創業者、柳井正氏。テレビドラマ「半沢直樹」が放映される前に「10倍返し」を自分の部下に言っていた様です。

それも自分がするのではなく部下にさせるように強要したみたいです。誰もが毒舌だと言われる柳井氏らしい発言だと思います。

10年前、26億の損失を出した野菜事業のお返しに13年8月期に800億の売上をジーユーで実現させた柚木治氏は素晴らしい逸材です。更にジーユーは今期出店を加速し2割増の70店を予定しており14期8月期は1000億円を目指しているようです。

積極的な海外展開を行いその名を広めているユニクロは、オリンピックユニフォームまで手掛け各ファンションリーダーとコラボしながらファッションブランドとして確立してきている。

「価格の安い服」というイメージは拭いきれないが、ユニクロより低価格ラインのチェーン店を下に持つ事でユニクロ=一番安いのイメージを払拭できる。その役割を担っているのがジーユー(GU)だと思う。またターゲットを10代の若年層に定めている為に価格を高くする理由もない。

フリース同様ヒットした「ゆるパン」などターゲット層が好む商品をしっかりシリーズ化し、解りやすく、しかも安く提供している手腕は競合するファーストファッションにはない。

言わば柚木治氏はブームを起こす立役者だ。商品サイクルの短いファーストファンションは、如何に時の話題をとらえ人気を引き起こすかが問われると思う。

ZARAやH&Mなどの店頭を見回すと有名ブランドで流行っている柄やカタチをいち早く取り入れている。

しかし大半モデル体系のマネキンにこそ似合うトレンドであり、試着すると自分の体型に落胆することも少なくない。そんな海外発ファーストファッションと一線を画して中年オジさんや中年オバさんにも似合う服がユニクロだと思います。

またGUも背伸びをしない普段着として着れる若い子の服という印象があります。

地方には「シマラー」などと言われるしまむらを愛用する若年層も多いですが、ジーユーと隣接したとしても全く違うブランドとして確立されています。

このようなトレンドは降って湧いたものではなく、大きな失敗を肥やしに生まれて来たものです。

一度や二度の失敗で再起不能にならず、ナニクソ魂で世の中に「10倍返し」を実現できる人になりたいと切に願います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 07:50| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。