2013年11月13日

「新型「iPad mini」前倒し発売」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
「ipad miniの発売でiPhone・iPadは一巡一新したこととなりました」

先日発売されたiPhone5S・5Cに続きiPadエアーが発売され、miniが今月下旬に一新します。
Appleの全ての携帯機器・タブレットが新しくなった訳ですが、私は今回一台も更新しませんでした。

なぜでしょうか?

それは新しい機種に以前との差別化がないからです。

iPhoneであれば5と違うところは「指紋認識機能」位しか見当たりません。
見た目で言えばゴールドのカラーが追加されたことでしょうか。
同時にiOS7のアップロードが無料で開放されたためソフトの面ではほとんど差はありません。若干内部CPUが早くなった位でしょうか。

そしてipadエアー。
今より薄くなりRetinaディスプレイに変わったことですが、ipad2が発売された当初の感動より「ときめかない」のは何故でしょうか?

今度の新発売もAppleの「マイナーチェンジ」にしかすぎません。

iPadが投下された時のようなカルチャーショックを受けていないのが原因だと思います。
確かに前より洗練され進化してきているiPhone・iPadではありますが、今の機種の支払いを振り切って機種変更するまでは及びません。
機種が壊れてやむ終えない場合に新しい機種に変更するかな?みたいな感じに留まります。

ここにいつも書く事ですが新商品に必要なファクターは「サプライズ」だと思います。
サブライズは「話題」を呼びます。話題はたちまち口コミとなり拡散されます。拡散された口コミは多くの消費者の注目を集めます。それが集客につながるのです。
このステップの始まりはいつも今まで見たことのない「サプライズ」なのです。

ただし「サプライズ」には鮮度があります。「お・も・て・な・し」で一躍有名になったリッツカールトンも最初は「サプライズ」がありましたが口コミにより世の中に知れ渡り一定期間がたつと、やがてそれは当たり前になってしまいます。

その事実は予め知っておくことと知らずに体験するには感じ方が全く異なるからです。また口コミによる期待が「サプライズ」をなくしてしまいます。
だからこそ常に期待を裏切る仕掛けが必要であり、それなくしては鮮度は保たれないのだと思います。その観点から考えると今回のAppleの新商品は消費者が期待のバーを上げすぎて「サプライズ」まで至っていないのが原因だと思われます。

Apple製品に期待するからこそ厳しい事を書きましたが、翻って言えば僕らの商売も同じだと思います。

常に時代と共に変化を繰り返し、消費者を驚かす仕掛けのある商品・サービスを提供できる企業を目指して努力していきます。

今回も長文を読んで頂き誠にありがとうございます。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。

FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。

〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 10:15| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。