2013年09月19日

「凸版、首位追撃へ「エレクトロニクス出遅れ」課題」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
既に印刷業も縮小傾向にあるようで本業だけでは業績を上げられない様です。

大手印刷業者の争いは凸版印刷が有利だと思っていました。日常生活の中でよく見られる電子チラシなどは「Shufu」が幅を利かせているように凸版印刷のもつ媒体の方が大日本印刷の「オリコミーオ」よりメジャーです。

記事中にあるように雑誌印刷においても凸版印刷が大日印よりも2.2%上回っているとのこと。

しかし印刷業は既に本業だけでは飯を食っていけない様です。

電子ブックなどが普及を始めている昨今、紙は淘汰されようとしています。

決して無くなりはしないものだと思われますが間違いなく減って来ているのは確かです。

紙印刷は想像以上に時間とコストがかかります。

コストパフォーマンスに至ってはコンテンツ作成後すぐにアップロードできるネット媒体は、紙を支給し印刷し運搬する紙印刷と比べ遥かに安い媒体です。

また印刷業に対する課題は輸入コストに左右される輸入紙・インク・印刷機器などです。シェア縮小を余儀なくされた業界ではコスト削減に努めるしか術がありません。

スピードアップや人件費削減、原価コスト削減の辿る先は品質低下に繋がります。

その一方で伸びゆく電子書籍業界は矢継ぎ早に新機器の開発や買収につぐインフラ拡大に伴いソフト開発業者が後を絶ちません。電子書籍だけではありません。

印刷物に変わる媒体として、音声を主力とするリスニング媒体や情報伝達をより解りやすく引き込みやすくする動画媒体なども通信網増大に伴い新たな媒体が人気を呼んでいます。

そんな中で印刷業が生き残る先は本業に沿った多角化だと思われます。

大日印が進めているエレクトロニクス事業も、その象徴であるかのように先駆者利益をもたらしています。

「紙は絶対なくならない!」

そんな驕りによる甘い推測が未来を閉ざしてしまうのです。

かつて隆盛だった活版印刷の写植業や精版業者も今では姿を見せません。彼らはハード進化によって職を失ったのではなく時代と共に変化出来なかった事が原因だと思います。

レッドオーシャンで生き残りをかけるのも一つの手でしょう。

でも先細りする業界の将来を常に見定め時代と共に自社を変化できる企業こそ今後の勝ち組になると思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 09:49| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

「購入DVD どこでも再生 ディズニー、動画配信」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
ウォルト・ディズニーの「ディスク・トゥ・デジタル」は面白いサービスだと思います。

ただAppleのiTunesとほぼ同じ取り組みだと思います。違うのは既にDVDやBDをもっている消費者を対象にしているところでしょうか?

確かに好きな映画は繰り返し見てしまうという習慣は僕にも経験があります。

それはふとした瞬間に思い出すものです。出張先だとか移動中だとか、自宅にいない時に思い出すことも多々あります。そんな時に手持ちのスマホやタブレットを通じて、その映画を見れるのは大変便利なことだと思います。

僕もiTunesで購入した映画はiPad・iPhoneにも入れており、移動中の新幹線の中や出張先のビジネスホテルで楽しむことが出来るようにしています。この便利さがレンタルビデオ屋で1週間レンタル100円〜50円と比べて400円〜500円する高額なiTunesを選ぶ理由かもしれません。

またダウンロードするレンタル動画は延滞料金が発生しません。

わざわざ店舗まで返す時間がなく、または返却期限を忘れており、うっかり高額な延滞料金を支払ったことがある僕からしてみれば時間がくれば自動的にダウンロード不可になるiTunesの方が移動する手間暇や延滞料に対する保険も料金に含まれていると思います。

ただ残念なことは動画の容量の問題です。

HD動画にした場合、容量のないスマホやタブレットだと本体キャパを動画で占有してします傾向にあります。

都度レンタルダウンロードする動画であれば、クラウド上にある動画を期限内でダウンロードすれば良いだけですが、買い取りダウンロードの場合は多数入れるには限度があります。見る映画だけで良いと思いますが、以外と映画好きは次ぎから次ぎへとストックが増えて来て手持ちに大量の作品を置いておきたいものなのです。

その悩みをディズニーはクラウドサービスを利用することで解消しています。

今後、ホスティングサービスをどのようにビジネスモデルにするかが商売の鍵になるのは言うまでもありません。

管理や保守は継続的な習慣があります。

それを有料化することによって安定的な収入となります。携帯電話の通信料と同じで、今後クラウドサービスを継続的に利用する消費者は後を絶ちません。

自社が提供する魅力的なコンテンツのサービスをクラウドサービスと結びつけて、月々の定額を商売に繋げていける企業こそ今後の勝ち組だと思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 07:47| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

「第4のIT革命、世界の巨人らもがく」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
パソコン販売DELLの創業者マイケル・デルが失脚するなど誰が想像できたでしょうか?

新聞広告欄からも受注生産・直販パソコンなど一面広告が姿を消しつつあります。

スマホの繁殖力はものすごい勢いで広がり、パソコンシェアを飲み込み、やがて私たちの生活さえも変えようとしているフレーズに突入しているのです。

先日iPhone5c/5sの新作発表もあり同時にNTTドコモとの共同販売も告知されました。

日本でトップシェアをもつiPhoneは更に普及を計りiPhoneベースの販売手法も次々創出されると思います。

果たして「カタチのないプログラムで稼ぎ知識経済の先頭にたった事業モデル」はスマホ側で普及するのか?

現在の世界トップシェアであるGoogleのAndroidに次ぎ1/4に満たないAppleのiOS、巻き返しを狙うMicrosoftのWindowsフォンはノキア買収でシェア拡大を追随する。

今後、何が求められていくのか?を追求したいものです。

この数年間、各娯楽機器はスマホに飲み込まれています。

ゲーム産業ならば任天堂が開発したDSもネットゲームにシェアを奪われDeNAやGREEに立場を逆転されました。

カー用品業界でもカーナビを新車購入時に取り付ける人が激減しています。その対応として自動車メーカーは新車にカーナビ対応のみならずスマホ対応のモニターを取り付ける車も発売されるようになっています。

コンパクトカメラ市場も高級カメラ一眼を残し、持ち運びに便利なコンデジはWifiなどの通信機能を備えるようになり、ソニーは近々にスマホへ脱着できる一眼用レンズを発売します。

また電子書籍の漫画分野は手軽に最新作をダウンロードでき交通機関内で手軽に読めることからスマホに集中しています。何より若年層においては中高生までもが携帯電話からスマホに移行してきている為にタブレットよりも浸食が早い傾向です。

そしてSNSもスマホに移行してやりたいソフトの一番人気となっています。
今後一般ユーザーがスマホを通じて「何を楽しみたいのか?」「何を便利だと思うのか?」が鍵になってくると思います。

今や経営においてスマホ利用者は欠かす事の出来ないターゲットになっていると言っても過言ではありません。開発市場の動きのみならず消費市場においても、この動きにも乗り遅れてもいけないものだと実感しています。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 08:09| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。