2013年09月30日

「ユニクロ社長に「10倍返しだ!」と言われた男」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
ファーストリテイリング傘下のユニクロが本日、上海に世界最大6600平方メートルの店舗をオープンしました。

「1勝9敗」の著者で有名なユニクロ創業者、柳井正氏。テレビドラマ「半沢直樹」が放映される前に「10倍返し」を自分の部下に言っていた様です。

それも自分がするのではなく部下にさせるように強要したみたいです。誰もが毒舌だと言われる柳井氏らしい発言だと思います。

10年前、26億の損失を出した野菜事業のお返しに13年8月期に800億の売上をジーユーで実現させた柚木治氏は素晴らしい逸材です。更にジーユーは今期出店を加速し2割増の70店を予定しており14期8月期は1000億円を目指しているようです。

積極的な海外展開を行いその名を広めているユニクロは、オリンピックユニフォームまで手掛け各ファンションリーダーとコラボしながらファッションブランドとして確立してきている。

「価格の安い服」というイメージは拭いきれないが、ユニクロより低価格ラインのチェーン店を下に持つ事でユニクロ=一番安いのイメージを払拭できる。その役割を担っているのがジーユー(GU)だと思う。またターゲットを10代の若年層に定めている為に価格を高くする理由もない。

フリース同様ヒットした「ゆるパン」などターゲット層が好む商品をしっかりシリーズ化し、解りやすく、しかも安く提供している手腕は競合するファーストファッションにはない。

言わば柚木治氏はブームを起こす立役者だ。商品サイクルの短いファーストファンションは、如何に時の話題をとらえ人気を引き起こすかが問われると思う。

ZARAやH&Mなどの店頭を見回すと有名ブランドで流行っている柄やカタチをいち早く取り入れている。

しかし大半モデル体系のマネキンにこそ似合うトレンドであり、試着すると自分の体型に落胆することも少なくない。そんな海外発ファーストファッションと一線を画して中年オジさんや中年オバさんにも似合う服がユニクロだと思います。

またGUも背伸びをしない普段着として着れる若い子の服という印象があります。

地方には「シマラー」などと言われるしまむらを愛用する若年層も多いですが、ジーユーと隣接したとしても全く違うブランドとして確立されています。

このようなトレンドは降って湧いたものではなく、大きな失敗を肥やしに生まれて来たものです。

一度や二度の失敗で再起不能にならず、ナニクソ魂で世の中に「10倍返し」を実現できる人になりたいと切に願います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 07:50| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

「自動運転車、20年代にも 」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
とうとう未来の映画で見た自動で運転する自動車が出現するようです。

ドライバーのいらない車など今まで夢物語だと思っていました。それが20年代に実現しそうです。

「究極の安全技術」が競われ日産は公道実験を始めホンダは無人で駐車する車を開発している。

今やCMで販売されている日本車には、自動停止機能がついたものも当たり前になっています。

安全機能と低燃費機能が不可欠になっている車は、操作する事が必要なくなる水準まで上がっていくようです。日本の自動車技術はどこまで進化していくのでしょうか?

またナビシステムも日々進化しています。

車に装着するナビゲーションは携帯ソフトになりかわり、車の移動のみならず徒歩、電車、バスなどの公共機関まで容易にナビゲーションしてくれます。

また新設された道路も早期に情報が自動で更新され、ナビゲーション上で山の中や海の中を走っている状況はなくなりました。特にGoogleマップの精度は高く、目的地の店名に留まらず大型店舗のテナント位置まで誘導してくれます。このロードマップを頼りに自動運転が始まってもおかしくないと思ってしまいます。

素晴らしいことです!

ただし僕はまだまだアナログな運転手です。

EVや自動停止、低燃費機能がついた高機能eco自動車の魅力がどうしてもわかりません。

僕はガソリン車が最後の一台になっても経済力がある限り、乗り続けたいと思います。

自動オペレーションシステムは確かに楽で効率がよく安全です。でも自分が操作する面白みや喜びは皆無です。車たるものは自分が操作するという楽しさが不可欠だと思っています。

車の加速感、コーナーリング、エンジンの音など躍動感があります。

マニュアルシフトがオートマシフトへ変わったことは100歩譲って仕方ない事だと思います。実はぼくもオートマシフトの車に乗っています。ただ進化を許せるのはそこまでで、それ以上は車を楽しむ感を残しておいて欲しいと思います。

今後、少子高齢化していく社会で単なる交通手段として使われていく車と楽しんで運転される車との使い分けをしていく必要があるかもしれません。

交通機関が発達している都市部と比べ地方は、まだまだ車社会の現状。インフラが発達している場所には車は必要ないのです。インフラが無い場所だからこそ車が必要とされます。

自動車が進化していく中、各ディーラーが求めるユーザーも複数枝分かれし、相対する矛盾が生まれてくるような気がします。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 07:54| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

「外食チェーン、アルバイトの意識改革 悪ふざけ写真投稿問題、研修見直しや権限委譲」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
アルバイトによる悪ふざけがSNSで話題になりコンプライアンスを脅かしています。

外食チェーン店舗は休業や店舗閉鎖に追い込まれている店舗があるようです。

本来アルバイトの必要性を考え直してみる必要があるかもしれません。

外食チェーンで最近発生したアルバイトによる「悪ふざけ投稿」は
○バーガーキング⇒大量のパンの上に寝そべった写真を投稿
○ほっともっと⇒冷蔵庫にはいった写真を投稿
○ピザハット⇒ピザ生地を顔に貼付けた写真を投稿
○ピザーラ⇒冷蔵庫などに入った写真を投稿


本人にとっては日頃することのない貴重な体験だったのかもしれません。その写真は自分自信のおもしろ写真を友達の間だけで楽しむものであったのかもしれません。

ただSNSのバイラルによる拡散力に対する知識が薄かった事や企業の商品に対するあつい想いを軽視していことが残念でなりません。

その仕事に対する甘い責任感を顧客である第3者が見た場合にどのような悪影響を及ぼすのかまで考えが及ばなかったようです。

アルバイトと言えどもお店に来るお客様から見れば、そこで働いている従業員となんら変わりはありません。「自分はアルバイトだから」と思っているのは自分だけで周りはそのように見てくれません。

アルバイト代や給料は労力に対する対価かもしれませんが、一定給を与え続け同じ仕事をやらせ続けると今回のような弊害が発生しやすいのかもしれません。

仕事に対するやる気や責任感を植え付けることこそ、現場で働く「誇り」が生まれてくるのではないでしょうか?

今回の問題はアルバイトだけに限らず、現場で働く人の仕事に対する考え方だと思います。

僕もサラリーマン時代に「仕事」を「作業」として行っている時に、その仕事の意味を理解出来ませんでした。

仕事は人の為に行っている事が大半で、相手の事を「思いやる」ことで相手の悩みを解消してあげその対価として「お金」をもらう技なのです。

それは空いた口に食べ物を運んでくれるような簡単なものではありません。

アルバイトの作業も湧いて出てきたものではありません。

従来、企業内で複雑化していた仕事をじっくり整理し、分解し、システム化された作業を単純化し低人件費で効果が出るように考えられたものなのです。その作業は日々進化しなくてはなりません。

ある意味チェーン店がもつ人のシステム化の弊害で、今後より一層の改善が要求されます。

やはり企業は「人」が作っているものです。

だからこそコンプライアンスは企業トップが上から抑えつける規制のようなものではなく、現場から自然に出てくる「結束感」がモラルとなりルール化されてくることが理想だと思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 08:42| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。