2013年08月27日

「開発、「価格」から「価値」へ 顧客目線で需要発掘」について考える

★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
PB商品の変化に脱帽です。

特に立役者となったセブン&アイの鈴木会長。

『PB商品は、流通工程を省き販促費をなくしているから安い』という既成概念を打ち破り、
「今までにない価値ある商品であれば高くても売れる」と断言し、通常NB商品の2倍近い価格をつけて「セブンゴールド」を販売し実績を作った。

この決断は経営者にとって大変な勇気がいる賭だと思う。
誰もが知っているようにセブンイレブンなどコンビニ経営は、POS/EOSなどで販売時点管理をリアルでおこないデータ管理はどこよりも徹底している。

販売動向を分析し、知り尽くしている業界だ。死筋商品はすぐに店頭から姿を消し、売れ筋商品は売り場の目立つ場所に移動される。言わば現存するメーカー主導の商品を、如何に効率的に流通し販売するかのノウハウに卓越している。そんな分析型企業が、自社制作で在庫リスクの伴う高額商品を売り出す賭に出たなんて、通常では考えられない事です。

この偉業を成し遂げているからこそ流通業のトップに君臨するのだと思う。

★「安くしないと売れない」は「売っている商品に自信がない」の裏返しだと思います。★

僕もこの問題に今後真剣に取り組まないといけないと思っています。

ネットの世界でも価格競争は尋常ではありません。ネットで販売されている商品も当然の事ながら、ネット環境を作っている販売業者(ホームページ作成業者など)も日に日に価格を下げています。

極端に言えば0円制作にしホスティング料金で賄っているくらいです。

要するに他社と競う上で自社の価値を見出せないから、「価格」という最も簡単な値引きによる価値を出しているのです。ディスカウンターを否定する訳ではありません。

値段を落とす為の血眼な努力も絶対に必要です。但し、本来やるべきことは他社にない独自性です。

最近少しずつではありますが、解って来たことがあります。

価値があっても、それに自らが築き、それを他の人に説明し、説得するスキルが必要だと。

誰しも「人となり」という「価値」を持っています。

でもそれに多くの人が気付いていません。自分に自信がないのでしょう!

再度、自分に自信を持ち、自分の価値に気付き、それを相手に公表して共感してもらい、
自分に自信を付けましょう!それが絶対に商売に繋がる筈だと信じています。

誰も真似する事が出来ないオリジナリティーの発掘は、意識の改革から始まるのです。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
FBで毎朝続けている「Short 日経 Literacy」の所感のみをBlog掲載しています。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
posted by PLUS.a.inc at 07:48| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

「バルマー氏が悟った限界 IT開化 新発想競う時代」について考える

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
今週より毎朝続けている朝の「Short 日経 Literacy」から僕の所感のみをBlog掲載していきたいと思います。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a


★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
MicrosoftのCEOスティーブ・バルマー氏の退任は、IT時代の流れを象徴している。
彼が何もしなかった訳ではなく、記事中にもあるようにYahooとのネット検索・広告やノキアとのスマホ展開など不屈「tenacity」で動いて来た方だと思う。Appleの現CEOティム・クックも同じような境遇に立たされていると思う。前任のCEOがパソコン誕生期で愚直にIT社会の土台を築いてきた偉人ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏であるがゆえに、彼らがいかに優秀であったとしても世の中は前任と比べ失速している企業と見られてしまう傾向にあります。
僕は現在感じています。経営者こそ、世の中に無いものを作り出すオリジナリティーの挑戦者です。
故ジョブズ氏は自分がやってきたきたことは現存する世の中のアイディアを繋げたものにしか過ぎないと言います。身の回りにあるものを繋げて新しい発想を作り出す事もオリジナルです。
僕は前職から顧客を継続し独立した訳ではありません。前職の仕事を継承して独立した訳でもありません。販促という大きなMDでは重なりますが、扱う媒体を180度転換し新たなIT業界へ後発組としてデビューしました。だからこそ試練の連続なのです。この試練を乗り越えるのは不屈の精神だけでは食べて行けません。不屈の精神を根底に持ちながらも新しいアイディアを繋げて行くことをやり続けることが必要だと考えています。誰もが先人が経験していることを、新しい時代のニーズをミックスしてリフォームすることも新しいアイディアだと思います。だから若い方だけが時代にあった思考であると思いません。「温故知新」こそ忘れてはならない発想の原点だと思います。
今から押し寄せるIT産業のダイナミズム。
僕達のような中小企業に押し寄せるには時間がかかるかもしれませんが「古いものと新しいものを繋ぐ」という発想を忘れずに常にチャレンジしていきたいと思います。
僕の今後やっていくIT経営の原点は、「ITにより人へ人の良さを伝えること」だと考えております。システムがもつ冷ややかで殺伐とした無機質なものに、人の温かみをミックスしていける発想を創り出す。
これを不屈の精神で実行していきます。
本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
posted by PLUS.a.inc at 08:00| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

「パソコン ゲイツ氏の誤算 ITニーズ爆発に乗り遅れ 真の「パーソナル」これから」について考える

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
今週より毎朝続けている朝の「Short 日経 Literacy」から僕の所感のみをBlog掲載していきたいと思います。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a


★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
スマホ・タブレットのニーズが膨らむ中でパソコン離れが加速しているようです。
今やスマホ・タブレットユーザーにとって、「重くかさばり、作業スペースが必要で起動に時間がかかるパソコン」は重装備な堅苦しいものと思われます。きっとパーソナルでパソコンを利用して何をするのか?という価値観に気付いてきた証拠ではないでしょうか?
パソコンが普及する前は、ワープロを大半の方が使われていたと思います。僕も「書院」を愛用していました。職場にもパソコンのかわりにワープロとプリンターが居座っていたと思います。ワープロの役目は文章を綺麗に作れる事です。文章作成以外は何も出来ませんでした。それでも無くてはならないものだったのです。その後、Win95が発売されて文章作成以外に自動計算もできるソフトが登場し、インターネット接続が簡単に出来るようになったおかげでネット時代が到来しました。パソコンの利用価値はネット接続・文章作成・自動計算などMicrosoftOfficeがパッケージ化した機能に凝縮されていたのです。でもこれはほとんど仕事をする上で効率的なものでした。個人で楽しむ方はDTP関連のデザイナー・カメラマンは別としてネット接続・画像加工・音楽配信・ゲームなどが大半だったと思います。当時のパソコンはOffice以外にインストールされているソフトの数を競っていました。どれだけ便利なパソコンかとアピールすることが必要だったのです。でも利用者にとって利用するソフトの数は限られていました。幾ら沢山のソフトがパソコンに内蔵されていたとしても、全く使わないソフトが多々ありました。そんな要らない機能を削ぎ落としシンプルにしたのがMacだったと思います。次第に画像関連はコンパクトカメラから携帯に移行され、ウォークマンも内蔵される携帯に注目が集まり出します。一家に一台のパソコンから一人に一台の携帯がパソコンに変わる役目を果たし出したことがパソコン離れの原因です。個人で楽しむネット接続・画像加工・映像音楽配信・ゲームは既にスマホ・タブレットで賄えます。結局のところ、それ以外はまだ多くの人が利用価値を見出せていないのです。
ワープロ⇒パソコン⇒スマホ⇒タブレットに進化してきたコンピューターは今後カタチを限定しません。Googleが考えるウエアラブルコンピューター(身につけるコンピューター)も違和感なく受け入れられると思います。
進化したモノをもつという「新しいモノ好き」の要求が、自分の生活スタイルにあったモノだけ選択するニーズに変化してきた現れだと思います。この思考はIT業界以外にも波及していると思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
posted by PLUS.a.inc at 09:18| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。