2013年07月30日

「社員の業務外SNS利用に「お願い」 企業が炎上防止策 表現工夫、ソフトな指針」について考える

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
今週より毎朝続けている朝の「Short 日経 Literacy」から僕の所感のみをBlog掲載していきたいと思います。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a


★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
従業員個人による「ツイッター」などの交流サイト(SNS)利用について、ガイドラインを設ける企業が増えているようです。思わぬ書き込みで企業がトラブルに巻き込まれるのを防ぐためだそうです。そこには「個人の表現の自由」に配慮する必要もあり、軟らかさやわかりやすさを工夫するなど、浸透に向けた試行錯誤が続いています。
SNSの世界は規制が難しい世界です。こと個人発信の媒体であるがゆえに、発信内容は千差万別。
テーマを設けても意見は錯綜し、統治することは難しい媒体です。むしろ自由な瓦版だけに「統治する」という概念はナンセンスなのかもしれません。炎上をおそれて規制ばかりすると「場」が湧かず本来の双方向の意見交換が損なわれます。
これはまるである会社の社内会議のようです。
社長が「自由に意見を言い合えよ!」と冒頭にうたって会議を始めても社員の発言にことごとく注意し高圧的な態度を見せれば、誰も発言しなくなり通夜みたいなしらけた会議になります。結果トップの独断場となり誰からの意見も吸い上げる事無く会議が終了する。
SNSも同じ習性をもっていると思います。先日の衆院選で議員が自分のSNSにて有権者と意見交流をおこなうとされた活動も期待する程、加熱しませんでした。風評被害やネット炎上を恐れるが故に書き込み規制や監視が続くネット内で自由な書き込みがどこまでなされたのでしょうか?
2チャンネルをただの書き込みと罵倒する声もあります。確かに主観的な意見も多いように見受けられますが率直な意見が多いのも確かです。
僕も先日あるビジネスグループを発足させ、経営者の方とのビジネス交流を楽しもうと試みていますが一般的なモラルがある方々を対象にしていたとしても自己発信の場なのでグループ管理者の主旨どおり従順に発信されるとは限りません。大半の方は様子見から始まり、ルールを度外視した発言が多いのも事実です。
規制すれば自由に発信できなくなり「場」は沈黙します。
自由に発信してもらうとテーマはなくなり「場」のモラルはなくなります。
このバランスをとっていくのがファシリテーターの役目なのかもしれません。
会議やSNSも所詮「人の集まり」です。
議論に対して中立な立場を保ちながら話し合いに介入し、議論をスムーズに調 整しながら合意形成や相互理解に向けて深い議論がなされるよう調整する役割を負った人が必要だと痛感します。
僕も今後の課題にしっかり立ち向かっていきたいと思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
posted by PLUS.a.inc at 07:45| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

「広告2社合併、世界最大に ネット・新興国に照準」について考える

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
今週より毎朝続けている朝の「Short 日経 Literacy」から僕の所感のみをBlog掲載していきたいと思います。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a


★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
広告業界では2つの構造変化を迎えながら右肩上がりに成長しているようです。
その2つとは、ネット媒体の拡大と新興国など成長市場へ対応を強化している点です。
ネット媒体はシェアが02年に3%弱だったにも関わらず、13年には20%を突破しています。今のスマホ市場拡大に伴い15年には25%まで成長する見込みのようです。
新興国の国別広告費ランキングでは1位米国、2位日本は変わらず3位にドイツにかわり中国がランクインしてきています。またブラジルや韓国、ロシアなどもトップテン入すると見られています。
このような構造改革を迎えている業界は常にM&Aが繰り返されます。統合により規模拡大し業界シェアを奪い合うようです。ただこれは、大手の話です。我々、中小企業は少し状況が違います。
よほどの利益構造を確立している企業は別として、大半の中小企業は経営難に陥っている筈です。
そこで他社を買収するキャッシュがあるわけもなく、自転車操業している状況ではないでしょうか?
しかし、このまま縮小均衡に収まる訳にもいかず、出番を今かと待ち構えながら草葉の陰で身を潜めている経営者も多いと思います。
僕は思います。今、大手とは一線をひいた状況下で地域中小企業が立ち上がる時期ではないでしょうか?同じ勇士の侍は各地にいらしゃいます。しかし資金力や人材の問題で、やむなく現在の状況に留まっている方も多い事も確かです。そんな方々が今後互いに「アライアンス」という形で業務提携し互いの強みの分野を共同する事で伸ばして行けるのではないでしょうか?
僕は今回PLUS.aの主催グループで中小企業経営者の方々や個人事業主様宛に結束できるアライアンスグループを作りました。互いのことを知り合い、同士に巡り会う機会さえあればいつでも立ち上げる準備ができるベンチャー企業は今も多い筈です。そんな方々が交流出来るSNSをきっかけとして立ち上がって頂けたらと考えています。
秘密グループ「PLUS.a主催ビジネスアライアンスグループ」
https://www.facebook.com/groups/alliance.plus.a/
僕も今の自分に決して満足している訳ではありません。ただ自分1人で成長していけるなど慢心もしていません。一緒にビジネス拡大をタイアップして頂ける人がいて初めて競争優位性を出して行けるのではと考えます。
地域活性化も同義で一人の力より、同じ志をもつ複数の同士があつまってこそ「歯車」が廻り出すのではないでしょうか?
小さいながらも皆で結束すれば、きっと大手にも打ち勝っていけると思います。そんな勇気を持ちたいと思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
posted by PLUS.a.inc at 08:46| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

消費増税時のセール表示、消費者庁「3%値下げ」容認への怒り

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a
皆さんこんにちは。株式会社PLUS.aの有田です。
今週より毎朝続けている朝の「Short 日経 Literacy」から僕の所感のみをBlog掲載していきたいと思います。
〜宜しければこちらもご覧ください〜
公式HP.http://www.plus-a-inc.com/
FB. https://www.facebook.com/plus.a.inc
アメBlog http://ameblo.jp/kazushi4649jp/
gooBlog http://blog.goo.ne.jp/plusainc
SeesaaBlog http://plus-a-inc.seesaa.net/
Blogger http://plus-a-inc.blogspot.jp/
Livedoor http://blog.livedoor.jp/plus_a_inc/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++a


★☆ 日経記事について僕の思う事 ☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
2014年4月に実施される消費増税還元セールの禁止条例がおかしな方向へむかっているようです。
消費税をにおわすコメントは控えて、消費税との関連がはっきりしない「春の生活応援セール」「新生活応援セール」は大丈夫だと?たまたま消費税率の引き上げと一致するだけの「3%値下げ」「3%還元」は容認するようです。これって単なる言い方を変えただけのことではないでしょうか?そもそも、こんな報道がまかりとおるなんて信じられません。
消費者庁が自己を保護する為に指針案を出したのか?と勘違いするような発表です。
そもそも公取委は、中小企業を守る為に消費税還元セールを禁止すると言い出したのではないだろうか?それが大手小売りからの圧力でいとも簡単に「増税」という文字を出さなければOK!ですなどと簡単に方向転換するのはおかしいと思います。つまるところ「原料価格の客観的な下落」や「大量発注などによるコスト削減」が容認され、今以上に下請け業者の条件を悪くする結果に落ち着きそうです。そもそも新聞報道に出していることで皆が同じ認識のもと「たてまえ還元セール」をやってよいですよと公言しているようなものです。
僕ら中小企業にとって今からの時代は多品種小ロットの時代で、さらに原価が高くなる悪条件を秘めています。よって利益幅は数%しかないものも多々あります。その僅かな利益を集めることで飯の種にしているのに、さらに税引きという強い印籠をつけて上の方から値引かれると今以上の悪条件で件数を集める必要があります。そこに発生してくるのは奉仕長時間労働です。自分もしくは社員に現状定員のまま付加を欠けるようになると、いろんな「歪み」がでてくる可能性があります。
特に製造業の場合は生産ラインを増強させる必要があります。好景気なら投資による機械増設も考えられるでしょうが、単なる値引きに対応し、増えるあてのない未来に高額投資はしないと思われます。今の現状ラインで削るところを見つけ、改善につぐ改善で僅かな利益を創出していく必要があるのではないでしょうか?まさにトヨタのカンバン方式が原点かもしれません。
「地域活性化」と各地で中小企業経営者が頑張っている現在、流通工程の川上から川下へ流れてくる増税圧力により地域下請け業者の倒産が相次がないように、地域の下請けでしか出来ない差別化された付加価値(ブランド)を育成していくことが急務だと思います。

本日も長文にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
posted by PLUS.a.inc at 07:59| Comment(0) | Short 日経 Literacyの所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。